ファクタリングで資金調達

subpage01

会社を経営していると資金繰り気苦慮することがあります。特に、中小企業の経営者の方には経験があることと思います。


仮に、資金がショートしてしまうと不渡りを出すことにもなりますし、最悪の場合主要取引先との取引が停止になることさえあります。

そうなっては会社の存立危機自体に陥ることになります。
そうなる前に、色々な手立てを考えておくことは重要です。



業績が良い場合ならば比較的簡単に銀行などの金融機関から資金調達は可能ですが、損益分岐点付近にあるような経営状態ではなかなか融資もうまくはいきません。
そんな、資金調達方法の一つがファクタリングです。

このファクタリングとは、まだ回収していない売掛債権を第三者に売り渡すことで資金に変えることです。
通常、企業は商売上の代金の支払いはキャッシュではなく、月末に一括して請求し、2から3ヶ月後の約束手形や振込みなどで決済となります。



そのため、キャッシュと違い現金化されるまでの期間は当然、次の買い付けや支払いにあてることが出来ません。
ファクタリングはこの現金化されるまでの時間を短く出来るのです。

ファクタリングには大きく3つのメリットがあります。一つは、早期に資金化できる、あくまでも自己資産の売却であり借金ではないため金利がかからない、もし取引先が倒産しても被害を被るリスクが無いことが挙げられます。
但し、売掛代金を売る場合には手数料などが当然発生しますので、どこのファクタリングを取扱っている業者が得であるかなどの選択が重要です。