ファクタリングは中小企業などの

subpage01

企業と企業の間での取引を行ったでた売掛債権を金融会社がそれを買い取り、その債権の回収を代わって行うことなのです。
企業が早くに資金調達ができる方法として活用されています。

企業を経営しているときの大きな事に回収があります。

その業種内容にもよりますが、中小企業が抱えている売掛金の回収をするまでには、数ヶ月、半年とかかる場合があるのです。



その回収が行われるまでの資金繰りは厳しくなってしまう場合もあります。



そういう場合にファクタリングを活用していくことで企業の資金繰りがスムーズになっていくような改善方法になります。

ファクタリングは売掛債権をその会社に売却することなのです。

ファクタリングは19世紀末から20世紀初頭にアメリカで開発されたのです。



日本においては1970年代に、都銀系、大企業系のファクタリング会社が設立されたのです。
しかし、日本では欧米のように中小企業にとって、当たり前の資金調達手段としての発達はあまりしてきませんでした。それというのは、信用調査部門の脆弱性、手形取引の発展、法整備の遅延などがあげられるのです。

その中でも日本では手形取引の発展の影響が大きかったのです。

バブル崩壊後には手形取引が最盛期の10分の1まで落ち込んで、手形取引で資金調達をしていた企業にとって売掛金の資金化、流通手段が無くなったのです昨今の世界的不況により、中小企業に限らず、現金を準備しておくことは経営課題の最優先となります。

そのためにもファクタリングはとても有効な手段となってきました。